混迷を極めるビジネス社会の人材戦略。採用の現場が何を考えどういった基準で新人を採用しているのか本音を知り尽くした就職情報誌元編集長のアドバイス。

Q.えんえんと圧迫面接を受け、へこんでしまった

A.選考時期になると圧迫面接の話題がでてくる。

「圧迫面接を受けたらどうしたらいいですか」などと質問を受ける。

何か勘違いしているのではと首を傾げたくなる。

基本的には、圧迫面接なんてない。もし圧迫面接を受けたのであれば、それもへこむほどいじめられたとすれば、受けた学生の責任である。

一言で言うと、質問に対してきちんと答えていないからだ。

面接官から「それは何故ですか」とか「どうしてですか」などと追加質問されるということは、中途半端な答えで内容が十分に伝わっていないことである。

面接官は面接に臨んで、学生が自社の風土に合うか、業務適性はどうかと質問をぶつけている。

面接を受ける立場は、自分の人間性なり考え方をしっかり伝えて、正しく判断してもらわなければならない。

それなのに、サークル活動でみんなをまとめたとかアルバイトでお客さんに喜んでもらえたなどと、単なる行動説明に終わって学生の本質が語られていないケースが多い。

そのため、自社に合う人材かどうか判断しかねて堪らず意地悪な質問になり、学生からすれば怖い圧迫面接を受けた印象になっているだけである。

面接官も人間である。連日のように面接に臨んで疲れると、語気が荒くなったり、無愛想になったりするかもしれないが、圧迫面接は「あなたの本質を早く語ってください」のシグナルと受け止めるべきであろう。




元就職情報誌編集長。「人事担当者の心に届く自己表現」とは何かを指導。就職実践塾天ぷらの会を主宰。

黒住皓彦の著書
就職活動応援本【就活は自分を売り込む商談だ】
ダイヤモンド社
書店・大学生協にてご注文ください。
または大学図書館・市町村の図書館等でお借りください。



人事・採用ご担当の方へ

面接会場・会社説明会等でご利用するための会場探しにお役立てください。

資料請求⇒貸し会議室・セミナー会場【東京都内】