混迷を極めるビジネス社会の人材戦略。採用の現場が何を考えどういった基準で新人を採用しているのか本音を知り尽くした就職情報誌元編集長のアドバイス。

Q.「最後に質問があればどうぞ」と言われたとき、質問しなければいけないの

A.どうしても質問しなさいと言ってるわけではない。

謝意を表して終わりにしてもなんらかまわない。

しかしながら、面接の中でアピールし忘れたことや中途半端になった答えの補足など、気がかりなことが一つや二つはあるはずだ。

それを説明する絶好機と捉えることである。

「先ほどの質問の答えで説明不足の点があります。もう少し補足させていただいてよろしいでしょうか」などと了解をとりつけて、自分の人間性や考え方を印象づけることである。

面接官は、面接中にポイントだけはメモしているものの、詳しく書き込めないので終了後、次の面接までの間に面接票に採点や短評を書き込む。

「最後の質問」で印象的な話を聞かされると、無意識に高い評価をつけてしまうものだ。
これを利用しない手はない。

質問があれば、と言われたからといって、福利厚生や待遇の質問をする学生がいる。

唐突過ぎてマイナス評価につながりかねない。せいぜい、その企業で活躍している社員はどういうタイプかを聞くくらいまでだ。

いずれにしても、面接は交渉事だという認識に欠けているように思える。

一方的に質問を受けるだけではない。

学生は、自分という貴重な商品を納得する企業に売り込もうとしているのだ。

通り一遍の問答に終わらず、面接官を乗せて一緒に働きたいと思わせなければならない。

最後に質問があれば、と言われれば、待ってましたと膝を乗り出すくらいの意欲が欲しいものだ。




元就職情報誌編集長。「人事担当者の心に届く自己表現」とは何かを指導。就職実践塾天ぷらの会を主宰。

黒住皓彦の著書
就職活動応援本【就活は自分を売り込む商談だ】
ダイヤモンド社
書店・大学生協にてご注文ください。
または大学図書館・市町村の図書館等でお借りください。



人事・採用ご担当の方へ

面接会場・入社セミナー会場等でご利用するための会場探しにお役立てください。

資料請求⇒貸し会議室・セミナー会場【東京都内】