混迷を極めるビジネス社会の人材戦略。採用の現場が何を考えどういった基準で新人を採用しているのか本音を知り尽くした就職情報誌元編集長のアドバイス。

Q.本命が別にあるのに、「もう就活をやめてくれますね」と言われて困った

A.本命企業が脳裡をよぎり、素直に「はい」とは言いにくいものだ。

内定辞退も想定して「えっ!普段の学生生活にもどっていいんですか。嬉しいです」といった具合に断言を避けることである。

「やめます」とか「入社します」と言い切ると、内定辞退をする段になり「あの時の約束はどうなったの」と責められるのは必死である。

挙句の果て、「キミの大学から来年以降採らないからね」などと脅かされて途方にくれることになる。

日本語は非常に便利ある。

例えば、「来年からお世話になります」と「来年からお世話になりたいです」は同じようでまったく異なる。

前者は入社を確約し、後者は希望の意思表明であり、あくまでそのときの心情に過ぎない。

こういう言葉の使い方を上手く駆使して、相手には同意しながら、逃げ場を作っておくと、内定辞退のとき謝りやすくなる。

かと言って、安易に内定をもらっていいということではない。

本命に失敗したとき、納得して入社できるかどうか、気持ちの整理をしたうえで受諾しなければ相手に失礼だし、社会人予備軍としては失格である。

何よりも、相手から「もう就活をやめてくれますね」などと聞かれる前に先手を打ちたいものだ。

内定がもらえそうかどうか、ニュアンスで伝わってくるものだ。

感じたら「内定がいただけるのですか?嬉しいです」と感謝の気持ちをぶつけることである。

前述の「これで普段の学生生活にもどれます。

ありがとうございます」と念を押しておけば、「やめてくれますね」などとは聞いてこないものである。




元就職情報誌編集長。「人事担当者の心に届く自己表現」とは何かを指導。就職実践塾天ぷらの会を主宰。

黒住皓彦の著書
就職活動応援本【就活は自分を売り込む商談だ】
ダイヤモンド社
書店・大学生協にてご注文ください。
または大学図書館・市町村の図書館等でお借りください。



人事・採用ご担当の方へ

面接会場・入社セミナー会場等でご利用するための会場探しにお役立てください。

資料請求⇒貸し会議室・セミナー会場【東京都内】