混迷を極めるビジネス社会の人材戦略。採用の現場が何を考えどういった基準で新人を採用しているのか本音を知り尽くした就職情報誌元編集長のアドバイス。

Q.面接が終始雑談になってしまって非常に不安だ

A.面接の前日ともなると、こう聞かれたらこう答えようとあれこれ策を練るものである。

いざ面接に臨むと、のっけから雑談めいた話で、手ぐすねを引いて用意した話にはならず雑談のまま終わってしまうと、狐につままれたような気がして不安になるかもしれない。

それも選考が進んで、最終近くになっての面接だと余計に焦ってしまうだろう。

まったく心配することはない。首尾よく進んでいるからこそ雑談めいたものになっているのだ。

面接官の立場になって考えてみよう。

次の段階に進めるということは、内定だしに一歩近づくことになる。

生涯賃金が3億円に近いいま、新卒の学生を採用するということは3億円の大金を投資することである。

見極めを間違えれば3億円をどぶに捨てることになる。

面接官は、面談する学生が本当に自社の風土に馴染むか、業務適性に狂いはないか慎重の上にも慎重を期して面接に臨むものだ。

その面接が雑談ぽくなるということは、自社適性に問題はないと判断した上で、更にその学生の側面を垣間見ようとしているのである。

安心して素をぶつければ、面接官は自社適性を確信するものである。

この対極にあるものが、圧迫面接である。思うように学生の本質が見えなくてイライラしてくると、つい語気が荒くなり威圧的になる。

面接の成否を占うとき、圧迫になるか雑談になるかが大きな分かれ道である。

雑談に持ち込めるように、素顔をぶつけることが成功の鍵であろう。




元就職情報誌編集長。「人事担当者の心に届く自己表現」とは何かを指導。就職実践塾天ぷらの会を主宰。

黒住皓彦の著書
就職活動応援本【就活は自分を売り込む商談だ】
ダイヤモンド社
書店・大学生協にてご注文ください。
または大学図書館・市町村の図書館等でお借りください。



人事・採用ご担当の方へ

面接会場・入社セミナー会場等でご利用するための会場探しにお役立てください。

資料請求⇒貸し会議室・セミナー会場【東京都内】