混迷を極めるビジネス社会の人材戦略。採用の現場が何を考えどういった基準で新人を採用しているのか本音を知り尽くした就職情報誌元編集長のアドバイス。

Q.他社状況を聞かれたが、本当のことを話しても大丈夫ですか

A.話したからといって問題はない。なぜ他社の状況を気にするのか、いろいろ理由がある。

自社に対する志望度なども気になるところであるが、その中でも一番の理由は、自分の判断が間違っていないかどうかの確認である。

同じような規模でお互いにライバル視している企業を受けているとしよう。

相手企業の選考が進んでいると、自分の判断が間違っていないと確信できる。

ところが、相手企業の選考が進んでいないと見方を誤っているのではないかと判断基準の見直しを図らなければならない。そのための質問と捉えていい。

と言うことで、面接に臨んで、ライバル他社の進み具合を巧妙に話して「もたもたしているとライバル他社に持っていかれそうだ」と面接官を焦らせ、自分に有利な展開に持ち込むことも可能である。

他社状況を聞かれて実名をあげる場合、企業ランクには十分配慮したい。

面接慣れのつもりで受けた企業名を挙げ、「ウチをそういうレベルの企業と同じに考えていたのか」と受け止められバッサリ切り捨てられることがある。

また、あまりにも業界がバラバラで機軸の定まっていない学生と疑問符がついてしまうことがある。

同業で実名を挙げるなら、業界内の位置づけの同じレベルの企業名を挙げることだし、他業種にまたがるときは、「自分にぴったりに企業はどこか、業界に偏らずエントリーして絞り込んでいるところです」などと注釈をつけると誤解は免れる。




元就職情報誌編集長。「人事担当者の心に届く自己表現」とは何かを指導。就職実践塾天ぷらの会を主宰。

黒住皓彦の著書
就職活動応援本【就活は自分を売り込む商談だ】
ダイヤモンド社
書店・大学生協にてご注文ください。
または大学図書館・市町村の図書館等でお借りください。



人事・採用ご担当の方へ

面接会場・会社説明会等でご利用するための会場探しにお役立てください。

資料請求⇒貸し会議室・セミナー会場【東京都内】