混迷を極めるビジネス社会の人材戦略。採用の現場が何を考えどういった基準で新人を採用しているのか本音を知り尽くした就職情報誌元編集長のアドバイス。

Q.面接では「第一志望です」と言わなければ落とされるの

A. 落とされるとも言えるし、落とされないとも言える。就職活動が交渉事といわれるゆえんである。

「ウチの志望順位はどのくらいですか」と聞かれて、仮に「第一志望です」と答えていても、他に本命企業があって、その影がちらちらしていたり答えに間が空いたりして、面接官に心の奥底を見抜かれてしまうと、落とされることになる。

と言うものの、自社にぴったりでどうしても欲しい人材となると、例え、第二志望、第三志望と言われても内定を出すケースがある。

選考に絶対はない。第一志望、第二志望の企業で空回りして落とされるかもしれない。

そういうときの受け皿になっておき、逸材を手中に収める話は珍しいことではない。

そもそも、志望度を聞くということは、どういうことであろう。

学生が自社を本当に志望しているのかどうか、つかみきれていなくて質問する場合がほとんどである。

面接では、短時間に学生の本質を見抜かなければならない。志望度など聞かずにすめば聞きたくない。

学生が本当に自社を志望していると分かれば、安心して他の質問で本質に迫れる

他に本命企業があっても、面接に臨んでは「ここが自分に一番ぴったりの企業だ」と自分に言い聞かせ、気持ちを弾ませ目を輝かせて膝を乗り出せば、面接官は安心して志望度など聞いてこないものだ。




元就職情報誌編集長。「人事担当者の心に届く自己表現」とは何かを指導。就職実践塾天ぷらの会を主宰。

黒住皓彦の著書
就職活動応援本【就活は自分を売り込む商談だ】
ダイヤモンド社
書店・大学生協にてご注文ください。
または大学図書館・市町村の図書館等でお借りください。



人事・採用ご担当の方へ

面接会場・会社説明会等でご利用するための会場探しにお役立てください。

資料請求⇒貸し会議室・セミナー会場【東京都内】