混迷を極めるビジネス社会の人材戦略。採用の現場が何を考えどういった基準で新人を採用しているのか本音を知り尽くした就職情報誌元編集長のアドバイス。

Q.次が最終面接ですが、内定拘束がありそうで心配です

A.折角の内定が得られても、本命企業ならいざ知らず、直近に本命企業の選考を控えて拘束されたら目も当てられない。

学生にとって就職活動は一世一代の大舞台である。大袈裟に言えば、一生がかかっている。

生半可な気持ちで立ち向かっているわけではない。

そう言うときに、予期しない拘束に会い、心に決めた大本命企業の選考を邪魔されたら泣きっ面に蜂、怒り心頭に来ることであろう。

しかしながら、自社の命運を分けるかもしれない新人の発掘である。

企業も必死だ。将来を託せそうな人材を確保したと思いきや、気がついたら内定辞退されていたでは洒落にならない。

あの手この手で食い止めようとしてくる。

その一つが、フェアとは言いがたいが手っ取り早い拘束で、ライバル他社の選考を断念させる方法である。

企業にとっても大きな負担を背負っている。

内定拘束のためにそうそう人手を投入できないし、長期間の拘束には限界がある。

気持ちの揺らぎが見え隠れする学生に対してはガードをきつく、自社志望が明白で意志を固めている学生には緩くなる傾向にある。

内定拘束が心配であれば、相手を安心させ拘束を緩くさせればいいことだ。

面接は交渉事で相手をその気にさせれば勝ちである。

選考に臨んでは、終始自己暗示をかけ、気持ちのブレがないようにして変化球の質問にもかわせるように心がけておくことだ。




元就職情報誌編集長。「人事担当者の心に届く自己表現」とは何かを指導。就職実践塾天ぷらの会を主宰。

黒住皓彦の著書
就職活動応援本【就活は自分を売り込む商談だ】
ダイヤモンド社
書店・大学生協にてご注文ください。
または大学図書館・市町村の図書館等でお借りください。



人事・採用ご担当の方へ

面接会場・入社セミナー会場等でご利用するための会場探しにお役立てください。

資料請求⇒貸し会議室・セミナー会場【東京都内】